フォト
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

2019年11月16日 (土)

790DUKEにイマイチ乗れていないお話

前回奥只見方面でのタイヤの皮むきは路面コンディションの問題もあり半分くらいしかできなかったので近場のワインディングでもう1回行うことにした。

出発早々対向車線のライダーが「取締やってるよ」の合図をしていてモチベーションが下がる。実際白バイが軽トラのオジサンを取締してた。最近バイクがかなり増えたことに伴い2輪事故件数も増えた?せいで以前はなかったような場所での取締が増えてるような気もする。

向かった先は牛道路とその周辺。今回交換したダンロップ「ロードスポーツ」は以前ロックスターに装着したときのようなコーナーでの安心感や乗りやすさは790DUKEではあまり感じられなかった。高速コーナー主体なので目的の皮むきはほぼ達成できたけどこの「乗れていない」感覚の原因はなんなのか?

ブレーキを残しつつコーナーに進入してフロントタイヤでグイグイと向きを変えたいのだけれどフロントサスが思ったほど入っていかない。立ち上がりは軽量な車体+ピックアップのいいエンジンのおかげで不満はないけどリヤタイヤが滑りそうな感覚がアクセルオンを躊躇させる。この結果イマイチ乗れていない感覚なんだよね。アップライトなポジションも原因なのかもしれない。走ることに専念するならハンドルはもう少し低く遠くてもいいし。ただ、後半大きく腰をずらすようにしてしてみたらブレーキ時の態勢の踏ん張りが利きリヤタイヤの状態もよく感じられるようになったことは今日発見したことのひとつ。

やっぱり790DUKEを僕が公道で楽しめる速度域は高すぎる。来年度のもてぎライセンス復活を本格的に考えないといけないかな。

2019年11月 2日 (土)

790DUKEで走る奥只見湖「酷道」352号の紅葉

790DUKEのタイヤ交換から1ヶ月経つがまだ「皮むき」してなかった(汗)。なので2週連続になっちゃうけどまた出かける。目的地は奥只見湖「酷道」352号。

早朝出発を考えたが先週とちがい気温が低いので断念、8:30のスタートとなった。ウエアも先週とほぼ同じだったが今回は15℃以下とだいぶ寒くて午前中いっぱい寒い思いをすることになった。

福島・檜枝岐からR352入り。檜枝岐辺りは紅葉見頃だったが御池を過ぎるとすでに落葉となっていて残念と思ったが新潟に入るとまた紅葉見頃となってほっと一安心。

Pb022071 新潟側はまだ紅葉見頃

R352を走るのは2012年の秋以来7年ぶりか。今回も沢の水が道路を横切る「洗い越し」は健在で一発目油断してたら思いのほか深く、頭から水をかぶる羽目になった。日陰は路面が濡れているし落ち葉もあって路面コンディションはよくないから走りを楽しむわけにもいかなかった。でも奥只見湖周辺のこの景色は他では見られないものですな。

Pb022076 グレーのところがR352

山の中腹、標高1000m付近をぐるっと回る道。山間の川をせき止めた人造湖ならばこそ?

Pb022078 近づくとこんな感じ

Pb022080 奥只見湖の案内図より

天気も快晴でトラブルなく14:30頃道の駅「ゆのたに」着。

肝心のタイヤの皮むきはというと思ったほど進まず。中速コーナーでアクセル大きめの開けたらリヤがズルッときてヒヤッとした。軽量ハイパワーのバイクというのはこうゆう特性なのだと思って走らないとだめなのかね。それにタイトなワインディングだと790DUKEはロックスターに比べて満足度が低い。そもそも楽しめるアベレージがもう少し高いところなんだろうか?ちょっとモヤモヤしたものが残った。

2019年10月27日 (日)

南東北の紅葉2019

週末ごとに台風や雨で出かけられないでいたけど東北の紅葉を見に行くには10月下旬の今がリミットかもしれない。天気が何とかなりそうなこの週末、栗駒山麓ジオパークに行ってきた。

Pa262060

» 続きを読む

2019年10月 5日 (土)

790DUKEで走る西伊豆

ロックスターでとっても気持ちよく走れる西伊豆のワインディングは790DUKEでもぜひ一度走ってみたい道の1つ。季節外れの高温予報も早朝出発には都合がいい。真夏用のメッシュジャケットにウインドストッパーをインナーに着用して2:30スタート。

ETC割引の「ツーリングプラン 首都圏 東名・中央道・中部横断道コースミニ」を申し込んでさらにこの時間帯なら割引エリアまでの深夜割引も適用できる。高速走行時の気温は20℃~25℃程度。この時期にしては寒くはなかった。渋滞もなく順調に進んで西伊豆の入口、三津には6時前到着。

Pa052016 雪のない富士山は久しぶり

 

» 続きを読む

2019年9月15日 (日)

790DUKE用サスの本命!?登場

今年3月の納車から半年。790DUKEの現状は走行4,000km越えで先日オイル交換をしたところ。納車後の様々なトラブルはこのブログに書いたとおりだけど「今のところは」不具合なしに戻ってる。タイヤはあと1,000km走れるかどうかといったところでそろそろタイヤ交換のことも考えないといけない。

さて、バイクのモディファイをどこから始めるか?と言ったら僕の場合は断然サスペンションですね。ロックスターで経験済みだけど違いがはっきりとわかるがいい。今すぐではないにしても790DUKEもやってみたいとは思ってる、でも今回は標準でWPのサスペンションがついているのでノーマルからの違いはこれまでのようには大きくないのかも・・。

オーリンズからはすでにフロントのカートリッジキットとリヤサスが出ているけどKTMにはイエローではなくやはりホワイトにしたいところ。でもまだ790DUKE用は出ていなくてちょくちょくWebサイトをチェックしていたら8/27にやっと出ました
WP Apex Pro6746 competition shock for 790DUKE

6746 WPのサイトより

トラックフィールドをメインにしているWPにあってこのApexProタイプは「一般ユーザーのストリート及びスポーツ走行での使用をメインターゲットとしたセッティング」とのことでさらに扱いやすくなっているんだろうか?

詳しくはWebサイトで
https://wp-suspension.jp/2019/08/27/wp-apex-pro-6746-competition-shoc/

価格はオーリンズよりちょっと高め。まだフロントのキットは発表されていないけど本国ではあるみたいなので日本でもそのうち出るんじゃないかな。

セッティングが決まってしまえば調整機構はおまけでしかないけどやはりノーマルより上質な動き方なのかな?気になります。

2019年9月 7日 (土)

ロックスター、8回目の車検整備完了

P9072008 17年目も色あせない魅力

8回目の車検ということは2×8=16年ということですね。

今年は790DUKEを増車したのでこれがロックススターの代わりになるなら車検を機に1台に集約という選択肢もあったけど、ここまで乗り比べた結果けっしてロックスターの代わりにはならないという結論が出て車検取得となった。

事前に交換済のエンジンオイル以外の油脂類交換とスパークプラグ(4本)、エアクリーナーの交換が主なところ。エンジン上部のなにか漏れた跡はフューエルラインのジョイント破損によるものでこれも交換となったがまあ一般的な車検整備の範疇で支払総額も10万弱で済んだ。

代車にはR1200R(2007年式)を貸してもらったがそれと比較しても僕のロックスターのほうがはるかに軽快でハンドリングがいかに優れているかということを確認するいい機会になった。

P9072010 オドメーターはどこまで伸びるのかな

まだまだ現役。次は17年目、17万kmを目指します!

2019年8月24日 (土)

790DUKEで高原のワインディングを楽しむ

納車からもうすぐ半年、「ツーリングバイク」として見た場合790DUKEは「ロックスターの代わり」にはなれないことがわかってきた。ロングライドの快適性とか積載性のなさとか。でもロックスターで走って楽しいと思える道を790DUKEで走ったらどんな感じなんだろう?との思いもある。朝夕はやっと過ごしやすくなってきたが避暑の意味も込めて長野辺りの高原ワインディング、ビーナスラインに行くことにした。

» 続きを読む

2019年8月12日 (月)

お盆休みは秋田・男鹿半島へ

この休みは久しぶりに北東北へ。いろいろ考えて秋田・男鹿半島を目指すことにした。

出発は暑さと渋滞を避けるためAM2:30(汗)。それでも高速はそこそこ混雑してた。福島飯坂ICで高速を降りてR13で米沢へ向かうと栗子峠まで弱い雨だったがトンネルを過ぎると晴れた。さらにR13を北上したが尾花沢辺りでさすがに退屈してきたので鳴子峡経由でR108に向かうことにした。鳴子峡辺りでまた雨が降り出す。でも弱い雨なのでそのまま走っていると鬼首トンネルを出たところでまた晴れてきた。

» 続きを読む

2019年8月 3日 (土)

790DUKEで「朝練」してきた

790DUKEのフロントフォ-ク不具合(インナーチューブキズ、オイル漏れ再発)の修理が完了した。

P8031963 インナーチューブ他交換

対処は左右のインナーチューブ、スライドメタル、オイルシールの交換。今回も全て保証修理で無料だったけど6/28に補償修理で申請してみると話があったあと部品が入ったと入庫当日の7/26に連絡があるまで経過報告も何もなしというお店の対応はどうなんだろう。僕の評価基準ではもうアウトですよ。それに今回も原因追及は省略?でオイル漏れはインナーチューブのキズから、インナーチューブのキズはスライドメタルではないかとの推測でしかない。再発しないことを祈るばかりです。

そしておまけはリヤタイヤパンク。7/26入庫時お店に行くまでの間に釘?を踏んだらしい。修理で済んだからよかったけど・・。

これでやっとスッキリ走れる状態になったので早起きして「朝練」に行ってきた。5時前に家を出て「県内の北方面」が目的地。もともと交通量は少ないところだけどこれだけ早朝なら他に走っている車両もない。念のためレザースーツにしたけど公道走行ならがんばっても膝が接地する心配はなさそうとの結論がでた(汗)。長年乗り込んだロックスターに比べればまだまだ手探り状態の790DUKEだけどやっとフロントサスの使い方が見えてきた感じ。全く特性の異なる2台のバイクの感覚を1つの体に馴染ませるのはなかなか大変なことなのです。

ただお気に入りの練習場所は草ボウボウで見通しが悪く路面もメンテナンスがされておらずもう快適に走れる場所ではなくなっていた。

7時前にこれから作業開始と思われるトラックが走り出したのでここで朝練はお開き。気温が30℃を越える前にに帰着。

2019年7月27日 (土)

梅雨明け間近の南東北を東から西へ

台風が接近しているらいしいが海沿いを北に向かえば朝からでも降られずに済みそうなので目的地を仙台に決めて5:30スタート。

ウォーミングアップのふるさとグリーンラインの路面はドライだったけど沿道の雑草が伸び放題で視界が悪くほどほどにしておいたがR461に入ると雨こそ降っていないが路面はウエット。仕方ないので萩ロードは途中であきらめ海側に向かうと路面はドライになったのでそのまま小名浜港に向かいまずは「市場食堂」で朝食。

P7271953 朝定食¥600

営業はしていたけどここにも「働き方改革」の波か、9時までは朝定食のみの限定営業になってしまっていたのはちょっと残念。

腹ごしらえが済んだら常磐道広野ICから高速で仙台東ICまで。福島第一原発事故の影響で帰還困難区域の2輪通行止めはまだ解除になっておらずこの区間は高速道で移動するしかない。人気のない原野のような風景はそのままなんだけど見慣れてしまったせいか以前よりも受け入れてしまっている自分がが悲しい。

仙台東ICからのR4は相変わらずの大渋滞で暑さも手伝って不快きわまりないが11時過ぎに目的地のHYOD仙台着。

P7271954 1年ぶりのHYOD仙台

昨年のオープン時以来ここに来るのは1年ぶり。今日は790DUKEに乗るときのアンダーの上に着るTシャツを買おうと思ってやってきた。地元の2輪大型店にもHYOD製品はあるが品揃えが少ないのが難。さすがに直営店だけあって全てのラインナップが揃っており事前にある程度決めてはいたけど選ぶのに時間がかかった。

P7281960 STU007に決めた

この後は東北道泉ICから福島大笹生ICまで一気に南下。フルーツラインには今が旬の桃の直売所がたくさんあった。

R115で土湯峠を越えると気温も下がり快適。空の具合もこの通り。

P7271955 夏の青空

この後レークライン、ゴールドラインを走って会津若松の「十文字屋」という鉄板コースもあったけど夕方、昨日預けた790DUKEを引取に行かなくちゃならないので母成ラインから郡山に向かう。お昼は中ノ沢温泉の小西食堂で。

P7271958 煮込みカツ丼は濃いめの味付けで○

郡山から白河まで広域農道の中高速コーナーでのロックスターは相変わらず抜群に楽しい。フロントタイヤのラインに絶大な信用がおけるので少しオーバー気味に入っても怖がらずにブレーキをリリースできれば思った通りのラインでコーナーをクリアできる。乗り始めて日が浅い790DUKEではまだこの境地には達していないんですね。

17:30ごろ帰着して790DUKE引取。「リヤタイヤパンクしてます」のメールが来てたけど修理で済んだ。790DUKEは結局フロントサスのインナーパイプ2本とも交換となり(保証修理)これでやっとスッキリ走れる。

2019年7月21日 (日)

2019.07.21のトレーニング

自転車の記事は久しぶりだわ。

こう毎週末天気が悪いと少しでも走れる可能性があれば今は「バイク」を選択してしまうので自転車に乗るのは1ヶ月ぶり。今週もあまりいい天気ではないけど「土曜出勤」だったのでバイクの選択肢はなかった。

P7211952 低い雲が立ちこめる空模様

一通りやることを終えてからのスタートは14:30。日差しはないけど湿度が高く走れば汗は出るが風が強いので冷えて寒いというなんだかよくわからないコンディション。久しぶりのトレーニングなので後半きつくならないようにペースは抑えめでコースはいつもの益子-小貝川のコース。前半は追い風もあり楽に走れたし後半も脚が売り切れになることもなかった。

今日は最近オープンしたばかりの新しい道の駅「グランテラス筑西」に寄り道して様子をうかがってみることにした。

P7211949 サイクルラックはなかった

最近の新設道の駅のトレンド(?)でまあデカイです。中に入ってみるかと思ったが汗まみれのこともあり駐輪場から施設までの距離もけっこうあるのでやめた。オープン直後ということもあり大賑わいだけど3年後、5年後にどのような活用のされ方をしているのかこれから注目していきたいですね。

7/21のメモ
走行時間  2:34'18
走行距離  61.94km
Avg  24.0km/h
Max  45.4km/h

2019年7月13日 (土)

790DUKEで群馬北部のワインディングを走る

この3連休も天気予報の通りなら期待薄。となれば何とかなりそうな初日を逃すわけにはいかず迷わず早朝から出撃。

P7131938 7:00 道の駅くろぼね

790DUKEで走るとなればチンタラ走っていても面白くないからコースはここから県道62号-望郷ライン-県道64号-R401-県道63号-県道61号-県道265号-望郷ラインと群馬北部をぐるっと回る150kmの高速からタイトまでとにかくコーナーの連続する設定にした。

まだ朝も早いので交通量も少なく快適に走れたが予想通り山間部の路面はウエットでそこは自制するしかなかった。自分だけで走っているときはけっこう「乗れている」とは思っていたけど県道62号では前に見えたこれから赤城山に向かうと思われる「正装」のSSには追いつくことができず、片品から水上に向かう県道63号では後ろにつけたカワサキのフラッグシップを上りのタイトコーナーの区間では引き離せたものの下りの高速コーナー区間で前に行かせたら思ったほどついて行けず「まだまだ」だなと感じた。

それでもキッチリ走れたのは1ヶ月半ぶりなのでやっぱり楽しかった。車体の軽さからくるコーナー切り返しの素早さ、立ち上がり加速の鋭さはやっぱり最高でこのバイクを選んだことに間違いはなかった。フロントブレーキもやっと違和感なく使えるようになった。ただサスペンションはだいぶ使えるようになったけどロックスターのように「使い切れている感」まではもう少しですね。

P7131942 「みなかみ水紀行館」では水上アクティビティが

午後から雨の可能性もあったのでお昼前には切り上げR353沿いのもつ煮食堂でお昼。

P7131947 桐生市、大間々駅の近く

P7131944 ちょっと高めの金額設定も

P7131945 会員限定の塩ニンニク味で「ホイミ」を選択

P7131946 この仕事なら高めの金額も納得です

時間的にこの辺りでお昼というのはこれまでなかったけど今日みたいな早朝からの半日プランならちょうどいいかも。また来てみたいおいしいお店でした。

桐生からの帰路は交通量も増えて790DUKEでは快適に走れそうにないので佐野ICから高速に乗ったから楽しい気分のまま終えることができた。

次またいつ乗れるかわからないので帰宅後速攻で洗車。オイル漏れしているフロントフォークは保証修理が効きそうな感じなので放置してるけどこの状態はあまりにも酷い・・。

P7131948 もう笑うしか・・・

2019年7月 6日 (土)

雨の隙をついて790DUKEでチョイ乗り

どうしてこんなに週末の天気が悪いの?走りたくても走れないじゃない(怒)
P7061933 紫陽花に雨は合うけど

天気予報も昨夜と今朝で曇りから雨に変わってるし・・。でも実際の空模様を見て午前中ぐらいは降られずに済みそうなのでオイル漏れの確認も兼ねてチョコッと走ってきた。

P7061931 紫陽花の名所雨引観音にて

しかしアクションにダイレクトな反応をする790DUKEの走りは本当にスバラシイ!ブレーキング、コーナーリング、アクセルオンの加速感どの動きにもこれっぽっちの無駄がない。不具合さえなければ何も不満はないんだけども。

カウンターシャフト回りからのオイル漏れは今回は今のところ大丈夫。しかし今度は左フロントフォークのインナーパイプに右と同じキズが発生しておりこれも要確認だね。
P7061937 今度は左側にも・・

2019年6月29日 (土)

雨でも790DUKEに乗りました!!

曇りの予報だったけど実際は霧みたいな雨だった1日。そんな日になんで790DUKEに乗らなくちゃならないのか?それは再発したカンターシャフトからのオイル漏れ修理を最短日程でやれるようスケジュールを組んでもらったらこの週末になってしまったから。

今回の対応は「カウンターシャフトとシールの間のブッシュを交換し液体ガスケットでシール性を高める」との説明があったのが5/30。その後2週間なんの音沙汰もなくやっときた連絡が「まだ部品入りません」でやっと部品が入ったのが6/15。そのブッシュもKTMの「対策品」だった。そして今日交換実施だから連絡してから対処までまる1ヶ月。この時間はどう考えたらいいんだろう・・。

そして右フロントフォークのキズも見てもらったらユーザー側の原因ではなく車両側の問題ということでクレーム扱いになりそうとのこと。KTMに申請中でOKならインナーパイプと一体のブラケット回りまで交換らしい。ということはまた修理入庫しなくちゃならないということだよね。

790DUKEは気に入っているのにこれじゃ困る。
天気のせいもあるけどいつになったらスッキリ乗れることやら。

2019年6月22日 (土)

雨の合間をぬって久々にロックスターで走る

週末になると雨。バイクで出かけられないストレスがたまる。5月末に再発した790DUKEの不具合対応がいまだに完了しないのがさらに追い打ちをかける。

天気予報は曇りマークなので何とかなるとの希望をもって9:00頃県内北部に向けて走り出す。日差しは少しあるが日陰部分の路面はまだ濡れているのでいいコンディションとはいえない。ビーフラインからグリーンふるさとラインに入った辺りで雨がパラついたのでさらに北上するのはあきらめた。

P6221926 道の駅「ひたちおおた」辺りは完全にウエット

常陸太田で幾分天気が回復したので海鮮物のお昼を探して海側に向かいツーリングマップルに「おすすめ」とある東海村の「魚康」さんで昼食にした。

P6221928 通りから少し入ったところにあるのもいい

地元客相手の、僕の中では「当たり」のお店で日替わり定食¥1080をセレクト。刺身、揚げ物、煮物がついてこの値段はかなり良心的だと思う。仕事もしっかりしているから早速お気に入りに追加しとこう。

今日はここで引き返しちょっと雨も降ったけど濡れるほどではなくてよかった。途中、水戸のお店によって今年の「道の駅スタンプラリー」帳を見るだけ見てみたが今年はやめておこうと思う(汗)。ロックスターで走るのは5月の連休以来だがやっぱり楽しい!そして16年目にして16万km達成!

P6221930ちなみに15万kmは2018年4月

まだまだイケそうですね(喜)

«2019.06.16のトレーニング